large_PN2020052001001271.-.-.CI0003●誣告罪(ぶこくざい)とは
 誣告罪(ぶこくざい)とは、他人を犯罪者にするために、虚偽の発言で相手を貶める行為です。現在では虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)と言い、私がかつて調べた時点では日本では年間10件前後と、1億2000万人の国ですから、「ほとんどない犯罪」と言っていいでしょう。

 韓国ではこの誣告罪(ぶこくざい)が多く世界一で、2000年から2014年の誣告罪は日本の500倍になっているそうです(ソース)。

 毎年数が変わるので、この誣告罪を含む虚偽罪はBusinessJournalから引用すると、

 2000年に、法廷での偽証罪で起訴された人は1198人、罪をでっち上げて訴訟を起こす誣告罪で起訴された人は2956人、詐欺罪で起訴された人は5万386人でした。それが08年には偽証罪が1544人、誣告罪が2171人、詐欺罪は7万人となり、13年には偽証罪3420人、誣告罪6244人、詐欺罪に至っては29万1128人と急増しています。

 韓国で偽証罪で起訴された人の数は日本の66倍、人口比に照らすと165倍に達すると計算されています。
 と、ウソが日本と比べて蔓延した社会であるということが分かります。



ダウンロード●ウソをつくことが常態化している社会
 このように儒教が歪んだ方向に浸透している韓国・朝鮮の社会では、自分が正しいことも示す=ウソをついてでも自分が勝者側だということが正しいこと=ウソを方便としか思わない、ことになっているのです。
 ウソも突き通せば、ウソではなくなる、ウソは悪いことではない=騙される側が悪いのだ、という理屈になっています。だまされる側が悪く、自分は嘘をついてることに罪悪感はありません。ウソをついてるという認識すらないかもしれません。

 その意味では日本と、韓国・朝鮮の文化の組み合わせは最悪です。正直を旨とし、騙されても自分に落ち度があったと考える自罰的な日本人と、自分は常に正しいと考えウソも平気でつき、だますことも自分の権利だと考える韓国・朝鮮人。30年以上も韓国人の主張する慰安婦問題のウソに日本がいいようにされてきたのも、組み合わせの悪さゆえでしょう。


ed986358●高級ブドウの苗持ち出しに見る、韓国人のウソのつき方
 2021年、日本の高級ブドウの苗木がおそらく盗まれ、韓国で販売されている事件は記憶に新しいところです。その韓国の業者は「日本は先進国なんだから、このくらい見逃してほしい」と言い、次には、


「ブドウの実を見に日本に行ったのは事実だが、苗木を日本から持ってきたわけではない。苗木はすべて中国から輸入しているんだ。文句を言うなら中国に言え!

 ここでも、「苗木を盗んで売っている中国が悪い」と自分の非を認めません。日本産イチゴなども種が盗まれた件ですが、「種苗法」を制定しても盗まれることを防ぐには限界がありそうです。儒教文化の韓国・朝鮮社会では、「遵法精神」が育ちにくく、法を軽く見て法に効き目があまりありません。いつくかの議題で、日韓関係が平行線なのも、文化が違いすぎるからです。韓国人は、自分に非があることを絶対に認めないのです。「日本側が譲歩する」という悪癖で、今まで乗り切ってきたのです。日韓関係の問題は最近起こったことではなく、それこそ関係を持ち始めた約150年前からずっと日本側が騙されるばかりだったのです。

記事が気に入ったら下記の画像をクリック!

その他・全般ランキング